根本義 – Tsutomu Nemoto

根本義 - Tsutomu Nemoto

それぞれの難題
不可能に挑戦し続ける・・・

東京生まれ茨城県育ち、茨城県水戸市で幼少時代をすごし、最終学歴は東京都江東区の中学卒業、小学4年生の頃からパソコンや携帯電話に興味があり、すべて独学で技芸研究を続け、現在に至ります。

ボストンに一年留学し、ネットワークサーバーエンジニア兼、フロントエンドエンジニアとして活動していました。関西・福岡を中心とし電子機器・インターネット・ソフトウェアなどを融合させた新事業「制作会社NEMOTO」を運営しています。

[cool-timeline layout=”default” skin=”default” show-posts=”20″ order=”ASC” icons=”YES”]

根本義 - Tsutomu Nemoto

美味しいだけじゃない
愛ある 『お弁当』

母親が作ってくれたカレーライスの味や、お父さんと一緒に作ったピザというのは今も心の中で忘れずにいるものです。

たくさんのお金を支払えば品質の高い、ボリュームある商品を購入するのは簡単です。

制作会社NEMOTOは、家族が作るお弁当のように、作る側の自分も楽しく、食べてもらえる人にも楽しんでもらえる愛着の湧く、触れていて楽しく、自然と忘れることができないほどの制作物を作り出します。

根本義 - Tsutomu Nemoto

皆様のため
新しい研究をします

私のワークストーリーを見ていただいて分かる通り、iPhoneの故障修理の中でも、ガラス画面修理だけをおこなう駅前スマートフォン修理はすでに生計を維持することは不可能になりました。

2018年からはiPhone/iPad修理だけをおこなう、店舗の新規創業は簡単に売上を上げることができなくなります。

新しい時代の変化に合わせて、新しい製品が誕生し続けるからこそ修理や買取などを担当する技術担当者のスキル向上は常に求められます。

私は毎日、これから流行するであろう知りもしないことに挑戦し続け、新しい製品の開発情報を得て先陣を切りサービスとして提供開始をしたり、勉強不足でまだ未開の開発言語に挑戦したりと、海外へ向けてもサービスを提供し続けています。

お客様から頼られてサービスが提供でき、とても喜んでいただける瞬間、心からむくわれる時も沢山あるからまた今日も研究に没頭することができます。

制作会社NEMOTOは、10年先の未来を想定しあくなき探求心でいつまでも皆様の利便性高い、低価格の技術サービスを追求しています。

1